2018年5月24日 (木)

思うは招く ~植松さんの講演会にはそれぞれの主催者の思いが詰まっています。

こんにちはRISEです。
 
「どうせ無理」をなくす活動をしている仲間に会ってきました。
 
今日は「植松努大阪講演会実行委員長」の「すずちゃん」の思いを一人でも多くの方に知って頂きたくて、滞ってた(ごめんなさい)ブログをアップしました。

このすずちゃんのメッセージを一人でも多くの方にご紹介いただけないでしょうか?

そして、当日の会場はなんと1000名入ることが可能な「関西大学 ビッグホール」。

だから、まだ入れますo(^▽^)o

お申込はこちらから

あ、もちろん ご協賛も絶賛募集中だそうですドキドキ(痛いほど共感)

お気持ちはこちらへお願いします。↓

郵便局14090-72257801 植松努 大阪講演会実行委員会

以下は私に語ってくれたすずちゃんの思いです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 
私は、TEDを通して植松さんと出会いました。
 
色んなことを
「お金がないから」「できそうにないから」「子育て中だから」と諦めていました。
夢ってなんだろう?植松さんの言葉を聞いて
「おっきな家に住みたい」「欲しいものがなんでも手に入る生活」ではない
その先にある、もっともっと深い部分を一生懸命考えました。
「人が、助けあえる社会」私は子育てをしています。でも、生活に追われたり、子どもが最優先だったり。子どもを生んだ時に、何もかもを一人で背追い込みました。知らない土地だし、はじめてだし、お母さんになるんだ!いい奥さんになるんだ!私の犠牲の上に成り立っているひとりよがりの生活です。
 
沢山のことを諦めた私に、だったらこうしてみたら?は「私を生きる」という光でした。
 
どうしたら、私も楽しいのかな?
子どもたちの本当の楽しいって何かな?
 
〇〇しなければならない!思うようにならない!
を、できない。からではなく、どうしたらできるのかな?というできる前提の思考へと変えてくださるきっかけになりました。
 
可能性を、奪われないこと。「だったらこうしてみたら」で夢が叶うこと(これは、今の私にみんながかけてくれる言葉です)聞くとワクワク、ムズムズします。
 
TEDで1番好きなのは、コントローラーを置いて逃げるところ。ダメだった時に、命を守るには逃げることもありなんです。嫌々学校や会社に行って自殺を選んでしまわなくてもいい!
そんな希望のシーンに見えました。
 
今回、ロケットをお手伝いしてくれるKMPを知ったのも植松さんのブログ。こんな素敵な団体があるんだ!と思ってたら一緒に滋賀でロケットを打ち上げました。
講演会子どもたちと行きたい!って思ってたら、植松さんが神戸の講演会をシェアしてくださっていました。神戸で出会った方が、私だけではできなかったことをお手伝いしてくださいました。
会場も、20箇以上も断られてやっと「ロケットを一緒に飛ばしましょう!」と言ってくれたのが、関西大学カイザーズクラブさんだったのです。
 
植松さんにお手紙を書きました。私の会社のある町には、0歳から18歳までさまざまな理由で親と一緒に暮らせない子が1000人住んでいる施設があります。18歳で施設を出ていくと1人で生きることになります。騙されても、怖い目にあっても助けてくれる人はいません。寂しくて憧れて、家族を作ります。家庭を知らずに育ったから、家族を築くのも大変です。上手く家庭を築けず離婚して、誰も頼れなくて…自分の生活でいっぱいになるから子どもをまた施設に預けてしまう。施設がいくら子育てをしても、入ってくる子どもの数は減りません。もっと、支える人が必要です。私はその子どもたちの頼れる人になりたい。ロケットを飛ばせるって気づかせてあげられるおばちゃんになりたい。だから、私は植松さんの仲間になって、そして大阪でロケットを飛ばせるおばちゃんになりたいです!だからロケットの飛ばし方を教えてください。とお願いしました。
講演会を聞いて、一緒にロケットを飛ばして感動して終わる。ではなく私は大阪で仲間を作りたくてロケットを飛ばします。講演会は、私や植松さんが仲間を作る手段なのです。
皆さんの中の、諦めていること講演会を聞いたら諦めなくていいと気づけるかもしれません。
子どもの夢を、親が叶いっこないって思ってるけど本当はそうじゃないかもしれません。
気づけるきっかけになって欲しいです。
 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o

すずちゃんは、施設の子供たちに聞いて欲しくて無料の講演会に決めたそうです。

たくさんの企業さんを回って、この思いをたくさんたくさん伝えて。

今もまだ伝え続けています。

昨日会ったとき、ロケットの部品も徹夜で作る!って言ってました。

植松さんの講演会は、思いをたくさん伝えることができる手段のひとつとして、簡単には開催できない金額設定になっています。

すずちゃん一人で発信したら、一人分。

RISEを応援してくださった皆様にお願いです。

必要な子供たちに届くまですずちゃんのメッセージの発信もお手伝いいただけないでしょうか?

拡散いただけるとうれしいです。

もっと色々書いてたらなんと字数オーバーになっちゃったので、削ったお話はまた別の日にアップします。

RISE しばた えみ

2018年5月15日 (火)

”あと200組の親子に植松さんの講演を聞いてほしいです。声かけ助けてください✨”

こんにちは RISEです。

大至急のお知らせだけ!!!

福岡の講演会を遠方だからって断念したみなさま!


関西大学で講演会があります。

急がないと満員になっちゃいます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

NPO法人 くさつ未来プロジェクト

RISE しばたえみ

2018年5月 4日 (金)

応援のメッセージ

こんにちは RISEです
 
お寄せいただいた子供たちへの応援メッセージをご紹介します。
 
 
♡T.Sさまより

子供たちへメッセージ

今世界では色々なことが起きています。
そういう世の中を生きていくうえで
大事なことは、植松さんも
言われている、『思うは招く』です。

いいことも悪いことも思ったことが
そういう状態を作るということです。
普段いいことを思っていると、
それが習慣(当たり前のこと)となり、
『素養』につながります。

今の時代ネット社会になっていますが、
人と直接接することを大事にして、
沢山遊んで沢山学んでください。
それが自分の成長につながります。
人間一人では生きていけません。
身の周りの人と接しながら生きます。
自分も周りの人も大事に。

♡栞愛✨さまより

子どもって、まっすぐだから応援したくなってしまうんですよねぇぇ
私も、自分の子ども達やその仲間達からたくさんの夢を見させてもらいました。
そしてその夢は後輩たちが繋げていってくれてます(^ ^)
子どもたちって、ホント、宝物ですよね〜〜


〜〜夢見る子どもたちへ〜〜
      君の夢を未来へ繋げ!

     美しい宇宙を未来へ繋ぐ💫
宇宙のお掃除倶楽部『BeautyCosmos』       
             栞愛✨

2018年5月 3日 (木)

GW 福岡はいいお天気です

こんにちは RISEです

GW後半に突入しましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

福岡は3・4日と「どんたく」というお祭りで日本で1、2位を争う人出となります。

娘が小さいころはバトンでパレードや舞台に参加してました。

今年のGW前半は、パンフレットへのご協賛・クラファンでのご支援の皆様へのお礼のご挨拶発送の準備をしていました。

当日、会場にお越しいただいた企業様にはパンフレットをお渡しできたと思うのですが、ご協賛いただいたときにはすでに満席だった企業様や、自分たちはいいから、子供たちに席を譲るよ、と仰ってくださった企業様へはご郵送の準備をしています。

本来なら、直接伺ってご挨拶すべきなのですが、そうするとお届けがますます遅くなってしまうので、悩んだ挙句、ご郵送させていただきました。

当日の雰囲気を感じていただきたいので、レポートを添えて。

お礼状もレポートも、当日までのことを思い出しながら書きますので、この間はずっと感謝と楽しさの中で過ごさせていただきました。

アンケートも読ませていただきました。

取りまとめにはもう少しお時間を頂戴しますが、枚数は185枚。

アンケートの裏に素敵なイラストを描いてくださってたので、ご紹介しますね。

RISE しばたえみ

応援してくださっているみなさま

株式会社 クロスアビリティズ 様

メールでご支援をお寄せいただいた方からの子供たちへのメッセージ
 
♡Mさまより

「これから沢山の楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いこともあると思いますが、全てが積み重なってみなさんの大切な経験になります。時には甘えて、時には踏ん張って、一歩一歩自分なりに前に進んでいけば、きっと大切なものを手に入れることができると思います。だから、どんな小さなことでも、勇気を出して挑戦してみてください。みなさんがこれからも笑顔の日々を過ごせますように。」 
 
 

2018年4月25日 (水)

ご縁に感謝!!!

こんにちは RISEです

講演会を終えて、やっと今朝、ご協賛いただいたみなさまへのお礼のご挨拶を作り終えました。

今からご協賛いただいたパンフレットをお届けとお礼に伺います。

クラウドファンディングでご支援いただきました皆様にもリターンの発送準備を進めています。

お待たせして本当に申し訳ありません。

講演会のアンケートにも、ご協賛をお寄せくださった方からも、沢山の方々から素敵なメッセージを頂戴しています。

掲載のご了解をいただいたメッセージ、アンケートを順次ご紹介いたします。

ここからまた、ご縁が広がると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Y・Mさまより

先日は植松努さんの講演会 ありがとう御座いました。

「4月になんて人は集まらないよ」と言われたプロジェクトが、キャンセル待ちが出るほどの盛会。
一つの「夢」の実現。おめでとう御座います。
 
とても、とても感動して、早速小出しにしながら子ども達に還元しています。
今年の夏休みは、うちの学童でもロケットをつくろうと、試作してみています。
本当に実りの多い時間でした。ありがとう御座いました。
 
クラウドファンディング等の記事も読ませていただきました。
「どうせ無理」と言う社会。確かにそうだと思います。

「アレをしろ」「こうでなきゃダメだ」と指示され続け
出来上がったものが店頭に並び買い与えられ、「お母さんがするから」と手を出され
考えて動くことをやめてしまった子ども達が、社会に出ると「指示待ち人間」と呼ばれる矛盾。
 
 
そんな中、植松さんのお話をお聞きして、
「どうせ無理」から「どうせ無理すら無くなった世の中」になってきているのではないか。
子どもが「夢を語る」どころか「夢を抱く」ことすらしなくなってきているのではないか。
今、私がかかわっている子ども達を思い浮かべると、そんなことを思いました。
 
植松さんのご講演は、子ども達に「夢を持つっていいもんだよ」という温かさにあふれていて
子ども達に、夢を持つ「勇気」だけでなく「元気」をくれた気がします。
これからの私自身の子ども達との関わりに、大きく影響を頂きました。
 
 
「夢」つながりですが
私個人的に「全国高校生マイプロジェクト」という活動を応援しています。
昨年、その中で活動した福岡市の一人の女子高生が、中3で進学先をを選択する際に
何も指標にするものがなく、自身の「知識」や「経験」の少なさに気付くも
結局「なんとなく」で進路選択をしてしまった。今度は就職が目前に近づいてきて
「また、なんとなくで選ぶのだろうか・・・。」と思った時に、自分が学校の先生にしか
相談していないことに気付いた。相談できる大人が欲しい!もっと多くの大人と関わってみたいとの願いから
社会人と中高生が関わる機会を作るんだ!! と今頑張っています。
 
 
フェイスブックページしかないのですが、良ければ見ていただけたら嬉しいです。
第1回目は4月30日に北九州折尾で開催(応援している大人がみんな北九州の人間なので)ですが、
2回目以降は福岡市に場所を移して、高校生だけの手で頑張るつもりでいます。
 
ロボカップや植松さんの講演会で「夢の実現」に向けて努力された皆さんと出会えたら
とても良い刺激になるのではないか?と思えました。
もし時間にご都合がつく機会がありましたら、足を運んであげてください。
 
長々と宣伝まですみません!!
この度は素敵な時間と、想い、姿勢、たくさんの気付きをありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

RISE しばたえみ

2018年4月23日 (月)

”昨日はみなさまお疲れ様でした。”

こんにちは RISEです

慌ただしくも素晴らしい時間が終わって、あれは夢だったのかもしれない、と思ったところに植松さんのブログ更新。

↓↓↓植松さんのブログ

植松努のブログ

本当にみなさま、ありがとうございました。


お預かりしたアンケートもお手紙も、植松さんにお届けしますね。


遅い開演だったのに、更にお帰りが遅くなってしまってごめんなさい。

質疑応答ももっといっぱい聞きたかった子もいたと思います。


講演会にご来場のみなさま、家族や友達、みんなに聴いてほしくなったでしょ?

聴いてほしくなって植松さんをお呼びしちゃったのが私たちです。


え?「次回は・・・?」「ロケット教室・・・?」


やっちゃうかもしれない・・・

植松さん手作りのロケット、ちゃっかりもらっちゃったし。


ただいま、ご協賛いただきました皆様への報告書を作成中です。

ご協賛いただいたパンフレットと一緒に会場の素晴らしい雰囲気をお届けできるように頑張ります。

お待たせして申し訳ありません。


福岡植松努講演会実行委員会 RISE

しばたえみ

ありがとうございました

こんにちはRISEです
 
おかげさまで無事に講演会を開催することが出来ました。
実行委員会一同、心より感謝申し上げます。
 
ありがとうございました!!!
 

福岡植松努講演会実行委員会

RISE しばたえみ

2018年4月22日 (日)

いよいよ本日です (ご挨拶の文章は間に合うのかしら(;´・ω・))

こんばんは RISEです

いよいよ本日、植松さんの講演会です。

長かったようで、あっという間に当日です。

振り返ると、もっとこうできたのに、と思うことはたくさんあります。

が、まずは本日、ご来場の皆さんに無事に植松さんの講演会をお届けすることが第一ですね。

あいさつを考えていて(今頃!?)

様々な思いが湧き上がってきます。

このままだと「植松さんの講演会までの道のり」挨拶が2時間ぐらいになりそうです。

以下は、クラウドファンディングサイト「CAMP FIRE」 へ掲載した思いを転載しています。

【入場無料で開催して親子や仲間と聞いてほしいお話】

 

講演会には大企業がスポンサーについていたり、自治体が開催したり、無料のものも少なくありません。でも実際には会場を借りたり、学校に配布するためのチラシを作ったりの費用が必ずあります。

今回は、講演料、交通費、宿泊費、会場費、チラシ、パンフレット印刷代、イベント保険料、申込フォーム利用料などが発生します。私たちはただの保護者なので当初は必要な金額を入場可能人数で割った金額を入場料として設定することを考えていました。

 

でも、私たちがこの講演会を一番聞いてほしいのは「どうせ無理」と「あきらめ方」を覚え始めた子どもたちです。この講演会を知って「行きたいな」と思ったら来られる無料講演会にすることで、聞いてほしい子どもたちに聞いてもらえる可能性を高めることが出来るのでは?と考えました。大人も無料なら気軽に「行ってみようか」と子どもと一緒に会場に足を運んでくれるんじゃないか?って。

 

もうひとつ、無料なら友達を誘いやすいってことがあります。一緒に「どうせ無理」を「だったらこうしてみたら」に変える仲間を増やせるんです。

 

【この講演会についての私たちの思い】

 

講演会を4月に企画したのは、新しい世界に踏み出したばかりの時期、様々な壁にぶつかったかもしれない子どもたちに、「どうせ無理」という言葉を自身の心の中からなくし、あきらめない自分自身の人生をしっかりと生き抜いて欲しいという思いからです。

学年が一つ上がっても、希望した新しい学校に入学しても、思い描いていた風景とは違うかもしれない、そこで「どうせ無理」とあきらめてしまっては、どんなに周りアドバイスをしても、心を閉ざしてしまうのかもしれません。そうならないために、自分の内側から湧き上がる夢のかなえ方を子どもたちに届けたいと思い、企画しました。

 

「4月になんか人は集まらないよ!」たくさんの私たちを心配する方々から言われ続けています。ここにも「どうせ無理」が顔を出しています。私たちが失敗しないために教えてくださる本当に心優しい方たちです。

 

やってみたら大失敗するかもしれません。大失敗しないためにはチャレンジしなければ良いんです。でも、子どもたちに何もしない大人の姿を見せて子どもたちだけに「頑張れ!」って言ってる社会って・・・

 

夢を叶える為の道は一つではないこと、あきらめないで精いっぱい生き抜くことが夢への道へつながることを、だれかひとりであっても必要としている人に届けられたら嬉しいです。

 

今の社会を作ったのは大人である私たちです。子どもたちが夢を持てない大人になるのだとしたら、私たち大人の責任だと思っています。私たち大人があきらめない後ろ姿を見せて行くことが、子どもたちのしっかりした未来へとつながるのだと思っています。

 

もちろん、このチャレンジを応援していただける方のお力が無ければ出来ない講演会です。必要な子どもたちに届くまでお力をお貸しいただけないでしょうか?

 

植松さんのお話の力を借りて、植松さんと一緒に、この福岡から人の可能性を奪う「どうせ無理!」をなくし、人に夢と希望を与える「だったらこうしてみたら?」で元気な社会を創るチャレンジをさせてください。

 

子どもたちは未来の社会人です。子どもたちが元気であれば、未来の社会は元気です。

本日、会場に足をお運びの皆様、会場の様子はいかがでしょうか?

私、失敗してますか?

福岡植松努講演会実行委員会 RISE

しばたえみ

2018年4月20日 (金)

講演会まであと2日です【お願い事項です】

こんにちは RISEです

お問い合わせの多い事項についてお知らせとお願いです。

4月22日(日)

会場はなみきスクエア

https://www.namiki-sq.jp/access/

開場は18:00

開演は18:30

ご入場には受付番号が必要です。

代表者お一人がお申し込みの皆様分の受付をお願いします。

講演会後アンケートを用意しています。

筆記用具をご持参いただけると助かります。

アンケートは後日植松さんにお届けします。

【植松さんにお会いしたいのですが】

みなさまご存知のように、とても優しい方なのですが、大変お忙しい方です。

そして、一つの講演会のために万全の準備をなさる方です。

当日は来場者のみなさまへお話しいただくために、主催者としては出来る限り、講演会の準備に集中いただける環境を整えたいと思っております。

講演会場で個別にお会いしたいとのお申し出は、全てご遠慮頂いておりますので、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

お手紙は受付でお預かりし、植松さんにお届けします。

プレゼント、お土産などはお預かりすることはできません。

【未就学児のご入場について】

大変申し訳ございませんが、未就学児のご入場はご遠慮願っております。
今回の講演会は福岡の小中学生に夢を諦めない力を持ってもらうために保護者有志ボランティアで企画、運営しています。
お子さまの将来の先輩にあたる小中学生にしっかり話を聞いてもらえる環境で集中して欲しいと考えています。
 
植松さんのお話はとても面白いのですが、未就学時には終わりまで退屈せずに聞いてもらうことは難しいと思います。
その場合、講演会の途中でご退席願うことも考えられます。
ご家族さまにも周りの方にも集中出来る環境で聞いていただけたらなと思います。
 
 

【キャンセルをお待ちの方のお席について】

たくさんの方にお席をお待ちいただいております。

本日4月20日(金)21:00までに受付番号が届かない方につきましては残念ですが今回お席をご用意することはできませんでした。

大変申し訳ありません。

【当日直接会場に行ってもいいですか?】

当日、何らかの事情でお席が空いた場合のご入場のご希望につきましても、受付可能な人数を既に超えており、お受けすることができません。

また、立ち見でのご入場のご希望につきましても、万一の場合、来場者の皆様の安全を確保できないことがあってはいけませんので、受け付けておりません。

【その他】

自動返信メールと受付番号のメールが別々ですので、たくさんのメールから講演会の情報と、受付番号を探すのにご不便をおかけして大変申し訳ありません。

福岡植松努講演会実行委員会 RISE

しばたえみ

2018年4月15日 (日)

講演会まで1週間となりました。(お知らせ事項です)

こんにちは RISE です。

連日準備することが多くて、時間が足りない!

打ち合わせしながら、次はきっとうまくやれるよね!!がいっぱい出てきます。

なかなかブログも更新出来ずにご心配をおかけしています。

とてもとても沢山の方にお申込みをいただいており、心より感謝申し上げます。

メールでお問い合わせをいただく事項についてお知らせいたします。

【受付番号について】

当日は受付で『受付番号』が必要です。

受付番号が届いていない場合はご入場いただけません。

『キャンセル待ちです』か『受付番号』のどちらのメールも届いていない場合、返信メールが迷惑メールボックスなどに入っていないか、今一度ご確認をお願いします。

お問い合わせの際は件名に『受付番号未着』と記載してメールをお願いします。

【ご協賛のお申し出について】

ありがたいことに、気付いたらクラファンが終わってたけど何かしたい、とお申し出をいただいております。

パンフレットへの掲載、クラファンでのご協賛は締め切りましたが、ご協賛自体は今月いっぱい、まだ受け付けています。

メールの件名に『協賛希望』と記載の上、本文にブログでご紹介して良い『子供たちへのメッセージ』と『お名前』、本名、連絡先を記載して送ってください。

折り返し、実行委員会名義の振込口座をお知らせ致します。

【キャンセルについて】

件名に「キャンセル」と記載したメールで、次の方にお譲りする人数把握と・間違って他の方をキャンセルしないために、本文で受付番号をお知らせください。

【当日のお席について】

ブロック指定となっています。

代表者の方お一人が受付をしていただきましたら、お申込人数分のブロック指定券をお渡しいたします。

ブロック内は自由席です。当日は満席となっておりますので、後からお見えの方のために譲り合って詰めてお座りください。

【ボランティアのお申し出について】

皆様、とてもご心配をいただいて、たくさんのボランティアのお申し出をいただいております。

温かいお気持ちに心よりお礼申し上げます。

ギリギリではありますが、何とかスタッフは足りております。

当日は、万全の態勢で皆様をお迎えしたいのですが、行き届かない点が多々あるかと思います。勝手ながら、巣立ちのひなを見守るような温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

他に連絡事項抜けてないかな?

福岡植松努講演会実行委員会RISE

しばたえみ